Spoolライター Ver5.0 更新情報

Spoolライター Ver5.0 更新情報

Spoolライター Ver5.0 の更新情報の公開を開始致しました。
本製品は多くのお客様のご要望やご意見を反映しまして日々改訂および更新されている内容を詳細にお知らせ致します。

Spoolライター Ver5.0 の更新はPTFの配布ではなく試供版に反映しておりますので最新の試供版をご導入の上、ライセンスを再適用して頂くことによって最新の機能をご利用して頂くことが可能になります。

詳細は弊社ヘルプ・デスクまでお問合せください。

更新情報

[2018/06/12]

  • 追加

    CVTSPLF コマンドで、スプール中の文字列を抜き出してファイル名とする指定 %SST は、今までは IFS に保存する場合のみ指定可能でしたが、FTP 転送の場合も指定可能となるように機能追加しました。

  • 障害

    DDS の CHRID キーワードを指定して、スプール中の一部の文字列のみを中国語簡体字にした場合に、正しく PDF 変換出来ない場合がありました。

  • 障害

    LPR コマンド実行時、通信エラーが発生した場合のエラーメッセージが、診断メッセージになってしまっておりました。エスケープ・メッセージとなるよう修正しました。

[2018/05/09]

  • 追加

    Excel 変換の際に、セルに分割する桁位置やセルのデータ形式を、画面で指定可能にしました。

  • 障害

    Excel 変換の際に、スプールの内容によっては、文字化けが発生してしまっておりました。

  • 障害

    CRTEXPRTF コマンドで DDS をコンパイルする際に、各レコード様式の最初のフィールドに CHRSIZ キーワードをつけると、コンパイルエラーとなっていました。

[2018/04/27]

  • 追加

    ネットワーク・プリンターの処理 ( WRKDEVWTR ) を追加しました。

    WRKNETWTR              ネットワーク・プリンターの処理                         
                                                                                  
    次のオプションを選択してください。                                             
      1= 開始   4= 停止   5= 印刷待ち行列の表示   7= メッセージ   11= 再始動     
                                                                                  
    OPT   OUTQ    ライブラリ    プリンタ   IP  アドレス      ドライバ    状況 
         IPPDEV       QUSRSYS      IPPDEV      192.168.1.60     IPPDVR      WTR   
         LPRDEV       QUSRSYS      LPRDEV      192.168.1.60     LPRDVR      WTR   
         LPRWTR       QUSRSYS      LPRWTR      192.168.1.60     LPRDVR      WTR   
         ORCA         QUSRSYS      ORCA        127.0.0.1        IPPDVR      WTR   
         PDFDEV       QUSRSYS      PDFDEV      192.168.1.94     PDFDVR      STOP  
         XEROX_PRT    QUSRSYS      XEROX_PRT                    *NONE       STOP  
         XEROX_TEST   QUSRSYS      XEROX_TEST  192.168.1.60     TSPLPRD     WTR   
    
    F3= 終了   F4= プロンプト   F5= 再表示   F12= 取消し
    

    ネットワーク・プリンターとは社内ネットワークに接続されている一般的な ASCIIブリンター のことです。
    Spoolライター Ver5.0 を使えば IBM i からネットワーク・プリンタへ
    プリンタ・セッションを介さずに直接印刷することができます。

    WRKNETWTR (ネットワーク・プリンターの処理)は IBM i に直接、繋がっているすべてのネットワーク・プリンターの管理を行うツールです。
    社内のネットワーク・プリンタの全容をひと目で把握することができてオプション選択だけで自由に開始/停止をコントロールできます。

  • 追加

    プリンター PORT の検査 ( CHKDEVPOT ) を追加しました。IPP プリンターの検査 ( CHKIPPDEV ) に代わりましてプリンター PORT の検査 ( CHKDEVPOT ) を追加致しました。
    CHKIPPDEV は IPPポート の検査のみでしたが CHKDEVPOT ではすべての任意の PORT番号 を検査することができます。
    つまり IPP はもちろんのこと LPD, FTP, HTTP, SMTP, TELNET などの TCP/IPサーバー の有無をこのコマンドだけで検査することができます。
    社内のプリンタや複合機に LPD や IPP サーバーが起動されているのか PORT 番号を指定するだけで簡単に調べることができます。

    これからLPRやIPP印刷をご検討されるお客様にとって非常に簡単に自社のプリンタや複合機を調べるにお役に立ちます。

                           プリンター PORT の検査  (CHKDEVPOT)                      
    
      選択項目を入力して,実行キーを押してください。                                
    
    プリンターの IP アドレス  . . .   '192.168.1.60'                              
    PORT 番号  . . . . . . . . . . . > *IPP           文字値 , *LPD, *IPP, *FTP... 
    

[2018/04/09]

  • 追加

    下記のDDS キーワードを追加しました。

    ● POSITION ・・・ フィールド位置を、行/桁指定よりも細かく指定する。(小数で指定可能)
    ● CHRSIZ ・・・ 文字サイズを、従来よりも細かく指定する。(これも小数で指定可能) これらのキーワードにより、行/桁に縛られない帳票レイアウトが可能となります。

    POSITION の詳細はこちらから。
    CHRSIZ の詳細はこちらから。

  • 追加

    IPP コマンドによる IPP 印刷 を追加しました。
    これにより、IPP 対応プリンタで、両面印刷やトレイ指定が可能となります。
    IPP コマンドによる IPP 印刷はこちらから。

  • 追加

    CVTSPLF コマンドに、FRONTOVL パラメータ/BACKOVL パラメータを追加しました。
    このパラメータにより、一つのスプール・ファイルから、
    複数種類のオーバーレイ帳票を作成することが可能になります。
    また、両面印刷を行って、用紙裏面に任意の画像を印字することが可能となります。

  • 障害

    オーバーレイを指定した時に(DDS の OVERLAY キーワードや、CVTSPLF コマンド等の FRONTOVL/BACKOVL パラメータ)、スプールの内容及び用紙サイズによっては、スプールで指定した LPI や CPI が正しく適用されず、文字が不適切に拡大/縮小されて印字される場合がありました。

  • 障害

    CVTSPLF コマンドのパラメータ「出力ストリーム・ファイル TOSTMF 」において、%SST を指定して、スプール内の文字列をファイル名に含めようとした場合に、スプールの内容によっては、スプール内の文字列が正しく取得できない場合がありました。

  • 障害

    APW の LPI コマンドで 6LPI を指定して作成したスプールを PDF 変換すると、LPI が正しく変更されていませんでした。

  • 障害

    APW 横倍角文字の直後に長い文字列があった場合、PDF 変換すると、右余白が想定より大きくなる場合がありました。

  • 障害

    CRTEXPRTF コマンドにおいて、DDS の書き方によっては、COLOR キーワードがコンパイル・エラーとなる場合がありました。

  • 障害

    DDS の BARCOD キーワードで CODE39 のバーコードを作成した際に、指定した高さ/幅より小さいサイズのバーコードが生成されていました。