IBM i から直接印刷。

the WINDOWSライター

the WINDOWSライターとはIBM i の初めての直接印刷ソリューションです。

Windowsドライバですべてのプリンタに直接印刷
さらにLPRのプリンタなら直接プリンタに印刷できます。
IBM iからすべてのASCIIプリンタに直接、印刷できるようになりました。
Windows10問題、Java有償化問題、PDT移行問題を解決
これらの問題を一挙に解決します。
3つの新しい印刷方式
社内の事情や目的に合わせて3つの印刷方式から選択することができます。

こんなお客さまのために

プリンタ・セッションを無くしたい

5250エミュレータのプリンタ・セッション数は増えるばかりです。しかしIBM ACSへの移行はバグってできません。
管理できないプリンタ・セッションを無くしたいと考えているお客さまのために開発されました。

直接印刷でいろいろなプリンタを使いたい

エンド・ユーザーの希望や社内事情で様々なプリンタで印刷したいという事情をお持ちのお客さまに

Windowsバージョンの影響を無くしたい

Windowsにプリンタ・セッションがある限り4年毎のWindowsのバージョン・アップに影響を受けてしまいます。
IBM iに印刷機能を集中すればWindowsの影響を無くすことができます。

配布の手間を無くしたい

クライアント数が増えている現在ではクライアントPCにプリンタ・セッションを配布するのは配布の手間や保守の対応が
大変な工数がかかります。IBM iに集中すればこのような手間はすべて無くすことができます。

プリンタ・セッションの問題を解決

今の装置構成をそのまま直接印刷に変更します。

※新規に仮想印刷装置を作成することもできます。

どの印刷を選ぶべきか

次のフロー・チャートに従って判断することができます

かんたんウィザード

装置が存在していてもいなくてもスタートを指示するだけでかんたんウィザードが起動して
必要な装置を構成します。指定した装置にはどの通信や印刷の方法がよいのか
かんたんウィザードがあなたに代わって装置を調べて構成を完了します。

ボタンひとつで直接印刷に変更 - 印刷セッションウィザード -プリンタ・セッションの移行はとても簡単です。

印刷セッションウィザード

印刷セッションウィザードを使えばすべてのプリンタ・セッションをボタンひとつ押すだけで
IBM i上の 仮想印刷装置に置換えます。


PCクライアントからの操作で the WINDOWSライターのサイトから印刷セッションウィザードを選択してください。
あとは安心の全自動で印刷セッションウィザードにお任せです。

印刷セッションウィザードはあなたのWindowsからプリンタ・セッションを探し出してPDT/PDFファイルだけをIBM iにアップロードして
さらにはPDT仮想印刷装置も作成して印刷装置のスタートまで行います。
PDTのないものは印刷セッションに基づいたGDI仮想印刷装置を作成します。
あとはいつものようにスプールを印刷出力するだけでプリンタ・セッションの代わりに
仮想印刷装置で印刷が行われます。
OUTQや印刷プログラムの変更は一切必要ありません。

印刷セッションウィザードは次の処理を全自動で行います

  1. PDT/PDFファイルの検索
  2. PDT/PDFファイルのアップロード
  3. 仮想端末装置の作成(GDIまたはPDT)
  4. 仮想端末装置の開始(GDIまたはPDT)

SpoolライターVer5.0の印刷とのちがいthe WINDOWSライターとの最も大きな違いは

(1)SpoolライターVer5.0はPDF化が目的です

SpoolライターVer5.0はPDF化が目的であり the WINDOWSライターの目的は印刷です。

(2)SpoolライターVer5.0の印刷装置はPDFサポートが必要

SpoolライターVer5.0が印刷の対象とするプリンタはPDF印刷をサポートしている必要があります。
the WINDOWSライターが対象とするプリンタにこの制約はありません。PDF対応のないプリンタにも印刷することができます。

(3)装置の再利用は the WINDOWSライターだけ

SpoolライターVer5.0の印刷は装置記述を新しく作成する必要がありますが the WINDOWSライターは
現在お使いの装置をそのまま利用できます。

(4)印刷機能のちがい

SpoolライターVer5.0にも次のような印刷が用意されています。

LPR印刷
SpoolライターVer5.0による印刷のプリンタはPDFをサポートしている必要があります。
複合機の中には初めからPDF印刷をサポートしているメーカー(XEROX)などもありますがPDF印刷には
オプションが必要な会社もあります。(RICOH他)
IPP印刷
IPPプロトコルは複合機などの高度な機能を持つプリンタへ印刷します。
IPPをサポートしている複合機も初期値ではIPPサーバーは開始されていませんので最初だけ手動で開始する必要があります。
( the WINDOWSライターはIPPプロトコルはサポートしていません)
モバイル印刷
モバイル印刷はIPPプロトコルによる印刷でありSpoolライターVer5.0だけの機能です。

SpoolライターVer5.0とのコラボレーション

the WINDOWSライターにはSpoolライターVer5.0をお使いのお客さまのために
SpoolライターVer5.0でPDF化して印刷するというコラボレーションが用意されています。

他の印刷ソリューションとのちがい

IBM iだけで完結。PCサーバーを必要としません。

他社製品では印刷やスプールの修正はすべて別の専用PCサーバーを必要としますがこれは技術がないからです。
製造元の技術力不足がお客さまへの負担になっています。

複合機に印刷できますのウソ

複合機に印刷できますという表現は誤解を生む表現で中には印刷できる複合機があります、というのが正しい表現です。
これもIBM iのLPRを利用しているだけで製品の性能ではありません。

すべてのプリンタに印刷できるのは the WINDOWSライターだけです。

GDI印刷を使えばすべてのプリンタに印刷することができます。
PDTを活かすのであればPDT印刷。さらにWindowsレスにしたいのであればLPR印刷。
LPR印刷もPDTがあれば対応するすべてのプリンタに印刷することができます。
どの方法でもすべてのプリンタに印刷できるのは the WINDOWSライターだけです。

直接印刷を可能にする the WINDOWSライター

the WINDOWSライターを使えばどのようなプリンタにでもIBM iからの直接印刷が可能になります。
これは世界でも初めての高度な技術の結晶でありどこでもできません。
数多く市販されている様々なプリンタをIBM iのプリンタとして活用できます。

結果として高度なプリンタを使う必要がなく必要な場所にプリンタを適切に配置することができ
社内事務の作業効率を一層図ることができるようになります。

the WINDOWSライターはもはやなくてはならない発明です。ぜひあなたの会社でもお役立てください。

直接印刷を可能にした5つのテクノロジーIBM iからの直接印刷を実現するための基礎基盤となったのが次に紹介する5つの先進的なテクノロジーです。

TELNET通信

TELNET通信プロトコルによってIBM iのSCS印刷スプールを取得します。

IBM iスプールをMicrosoft仕様のスプールに変換

IBM i のSCS印刷ストリームをMicrosoft仕様のスプール型式(MS-EMF)に変換します。( Microsoft公開仕様による変換 )

プリンタ定義テーブル(PDT)による印刷

プリンタ定義テーブル(PDT)をIBM iのIFSに配置するだけでこれまでのPDT印刷を継承することができます。
IBM i内部ではサポートされていないJIS変換も実現しました。

Microsoft仕様の通信プロトコル(SMB)で共有サーバーと通信

Microsoft仕様の通信(SMB)でWindows共有サーバーにスプールを転送してWindowsのプリンタ・ドライバを使って印刷します。

LPR通信プロトコルによって直接プリンタにスプールを配信

LPR(=Line Printer Daemon Protocol) および LPD(=Line Printer Daemon)とはUNIXのプリンタ制御のためのプロトコル(通信手順)です。
㈱オフィスクアトロでは早くからSpoolライターVer5.0で LPRの実績を積んで既に多くのお客様にご利用頂いています。
LPDをサポートしているプリンタであればIBM iからLPRを使って直接、印刷スプールを送ることができます。

機能と利点IBM iからすべてのプリンタに印刷が可能であるということはお客様にとって大きな利益となります。

  • プリンタ・ドライバのあるすべてのプリンタに印刷が可能 !!
  • Windows10問題、Java有償化問題を一気に解決。
  • PDT移行問題も解決。
  • コスパと品質に優れたプリンタを自由に選ぶことができます。
  • 既存のTELNET印刷装置記述をそのまま利用。
  • すべてのi5/OSでの動作保証(i5/OS Ver6.1~7.4)
  • APW印刷罫線および倍角印字に対応。
  • 外字印刷にも対応。配布の必要なし。
  • 用紙サイズ、方向、トレイ、両面印刷、フォントの選択など細かな指定が可能。
  • フォント・サイズ自動調整印刷機能(GDi印刷)
  • 国際言語(英語、中国簡体字、繁体字、韓国語)対応(GDi)
  • サブ・スクリプション方式でコスパなお支払い
  • クライアント数やモデルの制約もなし

仕様・動作環境など

動作環境

  • IBM i
    • IBM i i5/OS Ver6.1~7.4
    • 5761TC1 IBM TCP/IP CONNECTIVITY UTILITIES FOR I5/OS
  • Windows
    • Ver7, 8, 8.1 および 10 + Windowsプリンタ・ドライバ
    • ただし LPR接続のときは Windowsは不要
  • プリンタ
    • 各種プリンタ・ドライバ適合プリンタ
    • LPDサポート ブリンタ (LPRを使用する場合)
    • PDF印刷サポート・プリンタ(PDFを印刷する場合のみ)

通信プロトコル

  • TCP/IP通信
  • Microsoft SMB(=Server Message Block) 2.0
  • LPR(=UNIX Line Printer Daemon Protocol)およびLPD

プリンタ定義テーブル仕様

  • PDTオブジェクト・テーブル(*.PDT)およびPDFソース・ファイル(*.PDF)の両方をサポートしています。

印刷スプール仕様

  • 対象スプール: IBM i SCS印刷ストリーム(AFPには対応していません)
  • APW印刷罫線および倍角印字に対応
  • 外字印刷をサポート。
  • 最大サイズ : テラ・スペース最大 2GB ( 2147483408 バイト )まで対応
    • (最大ヒープ・サイズ16MBの125倍相当)
  • SCS印刷ストリームおよびMS-EMFはどちらも最大2GBまで対応
  • すべての実行モジュールおよびプログラムは *TERASPACE 対応済み。
  • GDi印刷は国際言語(英語、中国簡体字、繁体字、韓国語)に対応済み。(Unicode CCSID:1202 (UTF16LB))

ライセンス

  • ㈱オフィスクアトロと使用者との直接契約のみ。
  • IBM i S/N(=Serial Number) + LPARシステム名 の組合せにライセンスを年間単位で付与
  • IBM i Model による依存性なし
  • クライアント数、ユーザー数による制限、制約なし
  • SCS印刷ストリームおよびMS-EMFはどちらも最大2GBまで対応
  • 年間単位の使用料金制による契約
    • ...年間単位でのライセンス発行による。契約延長のない場合はライセンス期限超過により製品は自動消滅します。

the WINDOWSライターで
直接印刷できるって聞いたけど...

IBM iから直接印刷できる
初めての製品だよ

SpoolライターVer5.0と
どうちがうの?

SpoolライターVer5.0はPDF化が目的。
the WINDOWSライターは印刷。

でもSpoolライターVer5.0
でも印刷はできるんでしょ?

すべてのプリンタに印刷できる
わけじゃない。だから
the WINDOWSライターが必要に
なったんだ

どんなプリンタにでも
印刷できるってスゴイことよね。
PDTが必要な場合は?

PDTもIBM iに取り込んで
PDTによる印刷もできるよ。

Windowsには何も入れたくないって
いう人もいるけど?

PDTを使ってLPRで印刷もサポート
されているから大丈夫だよ。

でもPDTをIBM iに移すなんてなんだか
難しそう...またFtpとか何とか
使うんでしょ?

ところが簡単!!
the WINDOWSライターには
PDTウィザードという
簡単にできるアップロード機能が
追加されたんだ。

それはいいわネ♪
私にもできそう。

技術の進歩で使い勝手は
良くなってますますやさしく
なるよ!