SpoolライターVer5.0のご紹介

SpoolライターVer5.0

ビジネスをサポートする電子帳票化ソリューション

SpoolライターはIBM iの電子帳票化から印刷/編集までを
幅広くサポートする電子帳票化ソリューションです。
発表以来20年の歴史を持ち日本最大のユーザー数を誇っており
今なお最新テクノロジーによる進化を続けています。

SpoolライターVer5.0

Spoolライターは IBM i の印刷スプール・ファイルに対して、
電子帳票化から印刷までを幅広くサポートする電子帳票化ソリューションであり、
現在、日本最大のユーザー数を誇っています。
多くのユーザー様の意見とご要望を長年にわたり製品に反映しています。

最も速い高速変換 !! を実現します

Spoolライター Ver5.0 は高速変換を実現します。
例えば 10万ページの帳票の PDF化が 1分45秒 (弊社測定値) + ダウンロード 15秒 で完了します。
つまり 2分もあれば 10万ページの印刷スプールの PDF 化が完了します。
他社製品に比べて圧倒的なスピードの違いを体感してください。

※ これは弊社環境における実測値でありお客様の環境やスプールの密度によっても異なります。

LPR 印刷機能でネットワーク・プリンタに印刷

お待たせ致しました。LPR印刷機能 をお届け致します。
多くのユーザー様のご要望が多かった LPRドライバー がついに完成致しました。
Spool ライターの LPRドライバー を使えば、
いつもの STRPRTWTR でネットワーク内の LPD プリンタに印刷出力することができます。
安価な ASCII プリンタやコピー機などの複合機にも印刷出力することができます。

ローカル・プリンタへの印刷出力を世界で初めて実現 !!
.... インターネット社会の印刷技術

意外とできなかった印刷方法がこの印刷を要求したクライアントに印刷出力を戻すことです。
この簡単なルールを世界で初めて実現したのが Spool ライターのローカル印刷機能です。
クライアント PC の「通常使うプリンタ」として設定されているプリンタへ印刷出力することに初めて成功しました。
例えば上海の PC から東京本社に印刷を要求しても、ちゃんと上海の手近なプリンタに印刷されます。
仙台工場から東京本社の IBM i に印刷を要求しても仙台の身近にあるプリンタに印刷されます。
まさにインターネット社会の印刷技術であり世界でも初めての機能です。

DDS 印刷キー・ワードの拡張

SPEC OUT SPEC IN (自ら作った仕様を自らで実現する) の思想に基づく
DDS 印刷キー・ワードの拡張機能によって PRTF の機能を拡張することができます。

これまで *AFP 印刷でしかできなかった印刷をいつもの *SCS で印刷することができます。
しかも安価な ASCII プリンターに直接、印刷!! もちろん PDF 化も可能です。
高価な AFP ライセンス・ソフトウェアや高価な専用プリンタも不要です。
Spool ライターだけの高度な技術の結晶です。

拡張された DDS キー・ワード
  • COLOR キー・ワード で文字カラーの印刷
  • IMAGE キー・ワード による画像印刷
  • BARCOD キー・ワード によるバー・コードの印刷
  • OVERLAY キー・ワード で用紙イメージに重ね打ち印刷
  • BARCOD キー・ワード によるQRコードの印刷
  • POSITION キー・ワード による1/1000ミリ単位の位置を調整
  • CHRSIZ キー・ワード による文字サイズの小数以下2桁の比率で拡大/縮小
*AFP*SCS とは(クリックすると詳細を表示します)
IBM i で従来より使用されている印刷形式が *SCS です。
これに対して IBM が新たに拡張した印刷形式が *AFP です。(または *AFPDS )
*AFP を使用するためには 有償の AFPライセンス・プログラムの導入が必要であり、専用プリンタも必要となります。
*AFP の使用にはかなりの投資コストが必要であるのと
WRKOUTQ でスプールの内容を確認できないなどの理由から日本国内ではあまり普及していません。
お客様が普通に使用しているのは *SCS 印刷形式のスプールです。
くわしくは CRTPRTF の印刷装置タイプ・パラメータ (DEVTYPE) をご参照ください。

IBM i だけですべて完結 !!

動作モジュールの導入はIBM iだけです。( i5/OS Ver6.1~7.4)
他にWindowsサーバーやクライアントPCへの導入は必要ありません。
安心設計で専用インストーラでかんたん導入の安心設計です。

※他にWindowsサーバーなどを必要とするのは開発会社の都合です。
今や理想はサーバー集約モデルの時代です。

充実の先進機能

Spoolライターは 2004 年発売に始まり既に 12 年の長きにわたり、
日本全国の多くのお客様にご使用頂いております、ロング・セラー商品です。
PTF 発行回数は既に 82 回、項目数にすると百点以上を超えました。(参照ページ
バグや問題点も惜しみもなく公開して改良改善に努めてきたのが私たちの誇りです。

表示(各機能をクリックすると詳細を表示します)

ブラウザ表示

ブラウザによって印刷待ち行列(OUTQ)
および印刷スプールを一覧表示して操作
 

ブラウザ表示

インターネット・ブラウザ( MS-IE, FireFoxなど)によって、
WRKOUTQ のイメージが表示されて操作することができます。
クライアントPCには何も導入する必要はありません。

絞込み表示

条件を指定して印刷スプールを
絞込み表示します
 

絞込み表示

ブラウザ上での表示は MS-Outlookと同じように
先入れ後出しの表示で最新のスプールが最上段に表示されるのがポイント !!
しかも絞込み表示ができるのがうれしい機能です。

国際言語対応

日本語、英語のサポートに加え、
中国語(簡体字、繁体字)をサポート
(別途有償オプション)

国際言語対応

英語はもちろん中国語(簡体字/繁体字)を選択して表示することができます。
これらの言語によるPDF化も可能です。

外字対応

外字のダウンロード/アップロードも対応
 
 

外字対応

外字をPDFへの自動埋め込みはもちろん、外字をダウンロードして
Windowsに登録できるだけでなく、Windowsの外字エディタを使って
編集した外字をアップロードして IBM i に登録することもできます。

APW罫線倍角印字対応

PDF化、LPR印刷、
ローカル印刷にも対応
 

APW罫線倍角印字対応

APWやDDSフォーマット(LINDFN, CHRSIZ(2), ...)などで作成された
罫線や倍角印字に指定された文字の印刷やPDF化にも対応しています。

バー・コード対応

APWの罫線、倍角印字および
コード39バーコードに対応しています
 

バー・コード対応

APW指定のバー・コード印刷やPDF化にも対応しています。

編集 マウスひとつで印刷設計

印刷ファイル(PRTF)スプール

DDS記述の印刷ファイルによる
スプールを編集
 

RPG/COBOL内部記述のスプール

プログラムによる内部記述の
スプールを編集
 

印刷罫線のスプールを編集

印刷罫線の追加/修正
 
 

画像イメージ写真などグラフィック・データ編集

オーバーレイ印刷含む画像処理
 
 

印刷(各機能をクリックすると詳細を表示します)

LPR ドライバー

OUTQ に LPRライターを
割り当てるだけでLPR印刷が可能

LPR ドライバー

これまでの高価なIBM SNAプリンタの代わりに安価なASCIIプリンタを
IBM i のプリンタとして使うことができるようになります。

PDF変換ドライバー

OUTQ に PDF変換ライターを
割り当てるだけでPDF変換が可能

PDF変換ドライバー

特定のOUTQに投入したスプールはすべて自動的にPDF化することができます。

文字カラー印刷

DDS で COLORキー・ワードを
指定するだけでカラー印刷が可能

文字カラー印刷

DDSの COLORキー・ワードの指定によって文字カラーの印刷が可能になります。

画像印刷

DDS で IMAGEキー・ワードを
記述するだけで画像印刷が可能

画像印刷

DDSの IMAGEキー・ワードの指定によってIFSに保存されている画像イメージを印刷することができます。

バー・コード印刷

DDS で BARCODキー・ワードを
記述するだけでバー・コード印刷が可能

バー・コード印刷

DDSのBARCODEキー・ワードの指定によって
*SCSであっても専用プリンターを必要としないバー・コード印刷が可能になります。

オーバーレイ印刷

専用用紙イメージ画像の上に
重ね打ち印刷

オーバーレイ印刷

従来の専用用紙の画像イメージの上に重ね打ち印刷することができます。

QRコード対応

DDSでQRコードを
印刷できます

QRコード対応

DDSでQRコードを印刷できます

処理(各機能をクリックすると詳細を表示します)

FTP転送

他のASCIIサーバーに
ファイルを転送することができます

FTP転送

他のPCサーバーにファイルを EBCDIC/ASCII変換してFTPで転送することができます。

SMTPメール送信

他のSMTPサーバーに
添付ファイル付きのメールを送れます

SMTPメール送信

他のSMTPサーバーにスプールを添付したSMTPメールで送信することができます。

スプールの保管/復元

別のOS への印刷スプールの保管/復元

スプールの保管/復元

印刷スプールを他の IBM i へスプールを保管/復元することができます。

FAX送信

WINDOWS FAXを利用して
印刷スプールをFAXすることができます

FAX送信

WINDOWS FAXを利用して印刷スプールをFAXすることができます。

機密保護(各機能をクリックすると詳細を表示します)

印刷待ち行列権限の処理

ユーザー別に参照できるOUTQを
制限します

印刷待ち行列権限の処理

IBM i の機密保護とは独立した機密保護によってユーザー別のQUTQ制限をかけることができます。

PDF暗号化

PDFに暗号化を
設定します

PDF暗号化

・パスワードの設定

・閲覧パスワード ・管理者パスワード

・特殊権限の設定

・印刷 ・クリップボードへ貼り付け ・編集

・暗号アルゴリズムの指定

・*AUTO *RC4 *AES128 *AES256

その他(各機能をクリックすると詳細を表示します)

Excel 2016 サポート

2007, 2010, 2013 および
2016 をサポート

Excel 2016 サポート

Excel 2003, 2007, 2010, 2013 および 2016 にスプールを変換することができます。
もちろん Text, MS-Word, HTML にも変換することができます。

大容量のスプールのサポート

IBM i のメモリ・ヒープ・サイズ
16MBを超えるスプールのサポート

大容量のスプールのサポート

IBM i の最大記憶サイズ(=ヒープ・サイズ)を超える大きさのサイズのスプールも処理可能ですので
大きなサイズのスプールであっても安心して使うことができます。

HTTPサーバー搭載

専用HTTPサーバーALASKAを搭載

HTTPサーバー搭載

ブラウザをサポートするHTPサーバーはWeb化で既に多くの実績のある弊社が独自に開発した
Alaska/5.0 が搭載されていますので改めて IBM Apacheサーバーの導入や設定の必要はありません。

オンラインPTF機能

インターネット経由でPTFを入手して
適用することができます

オンラインPTF機能

PTFも IBM i だけの操作で弊社サイトにインターネット経由で接続して
PTFを入手、適用することができます。
製品を、常に最新の状態に保持することができます。

動作環境

サーバー側

IBM i i5/OS Ver6.1~7.4
5761TC1 IBM TCP/IP CONNECTIVITY UTILITIES FOR I5/OS
導入モジュール ライブラリー

SPOOLWTR127 MB

SPLUSRSYS5 MB

HTTPサーバー SPOOLライター専用HTTPサーバー付属
( IBM Apacheを必要としません。Apacheとの併存可能 )
PORT番号 初期値PORT番号 3007 (ユーザーによる指定可能)

クライアント側

インターネット・ブラウザ
Microsoft Internet Explorer 11, Edge, FireFox, Chrome
導入モジュールなし

その他

Windowsサーバーを始めとする他の環境を必要としません。

ご購入と保守について

Spoolライター Ver5.0 はフリー・クライアントのみのご契約となります。

初回導入経費 500,000円 / IBM i LPAR単位:製造番号+LPARシステム名指定 (消費税別)
ご使用料金 90,000円 / 年 [2年目以降~] / IBM i LPAR単位:製造番号+LPARシステム名指定 (消費税別)

ご使用料金は一年単位の更新でありご使用には必須となります。
保守ご解約後には製品はご使用にはなれません。
またご解約後に過去にさかのぼっての遡及は行っておりませんのでご注意ください。

PAGE TOP